ウォータースタンド 比較

ウォータースタンド比較すると法人向けの機種もある!

最近は様々な事業のオフィスで導入されるウォーターサーバー

ウォーターサーバーにはいろんな機種がありますが、いろんなのを比較すると、オフィスで利用できるために作られたものもたくさんあります。多くの人が使いやすくなっていて、サーバー型浄水器に分類され、水道水を引き込んで高機能な浄水フィルターできれいな水を作るので、健康にも最適なものがたくさんあるのです。使い方としては、宅配で届くお水のボトルをサーバーにセットするのが一般的でしたが、最近は交換作業もしっかりと行えるものが法人用として人気になりつつあります。

水道直結式は魅力的で既に導入済みの法人もある

オフィスで導入されているウォーターサーバーの中には水道直結式のものがあり給湯室に設置すると、すぐに使えるというメリットがあります。企業で導入することによって、宅配式から切り替えることでコストダウンが見込めますし、従業員の満足度が向上します。はっきりと目に見えないコストとしてかかってしまっている水道代が、効率的にカットできるのです。ナノラピア高機能浄水サーバーとして定番モデルの「ネオ」が、かなり人気になっています。機能や使い勝手、デザインの三つがベストバランスでが特に人気になってきています。これだけコーヒーや紅茶もサッと作れて席に付けるのも、かなり大きなポイントと言えるでしょう。

浄水器より高い水質で使い放題(月額料金)だからメリットが多い

メリットとしては、量を気にせずに自由に使えるということでランニングコストが入って、料金固定のレンタルサービスで使い放題なのがとてもありがたいことです。また浄水器によって、しっかりときれいな水が飲めるので、安全であり健康の面で気にせずに使えるという点でもいいことがあります。工場で行う浄水をサーバー内で可能にした次世代型のものが人気になっており、月額では3980円程度からのものがあるという点でも経費をかなり節約できるということが言えるでしょう。

赤ちゃんやペット(犬猫)の利用が無いのでナノラピアが人気

赤ちゃんや犬猫などのペットの場合では硬水にしてしまうとの尿路結石といった問題が起こりがちで、軟水にしなければいけませんが、オフィスの場合は成人がたくさんいるため特にそれについて気にする必要がありません。ナノラピアのネオが定番でありますが、トリニティという冷水サービスに特化したモデルもおすすめです。温水はなくてもいいといったニーズも多い場合の場所には、それで十分と言えるでしょう。タンク容量として常温水2.5L水3.5Lの、合計6L入り、多くの人が使っても問題が生じにくいものとなっています。

タンク容量が大きいネオか冷水大容量のトリニティが人気機種!

オフィスの場合は、多くの人たちが利用することになるため容量が多い必要があります。ナノラピアで言えばタンク容量が最も多い6Lタイプの夫婦トリニティが人気です。ネオの場合も常温水2.5L、冷水2.5L、温水1L。さらにデザインも白いボディにフェイス中央に黒いおしゃれなものとなり、オフィスの雰囲気を現代的なものに高めてくれます。その他省スペース性や低価格モデルもありますが、迷っているような場合にはこの二つのタイプから選ぶのがオススメです。

機種によって電気代にも差が?おすすめできるのは…

ウォータースタンドの電気代、いま現在豊富な機種のラインナップから意外と差があるんです。
それぞれで仕組みも違ってきますので、その分の電気代の食い方が違ってくるそうな。
とはいっても、別に味がまずいとかそういうわけじゃなく、電気代に影響が出るような電気の使い方をしているっていうだけです。
たとえば、ナノラピアネオは一定時間ごとに冷めたお水を再加熱したり、逆に冷えたお水は温かくなってきたら再冷却する、そういったことをするので月額の電気代が約800円相当に。
ほかの機種ですと、ナノラピアガーディアンでしたら、使うときだけに電気を使用するので料金がなんと150円前後となります。
機種によってここまで差が出るのはすごいですよね。
ただ、どちらの機種にせよ下手な浄水器より安心のお水が定額で使い放題になりますし、良いこと尽くめです。

page top